<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません

女性は多くの場合におきましては、自分がデリヘルで仕事をしているということを、周囲の人に隠しています。
盗撮はお店の禁止事項になっており、もし発覚したら多額の慰謝料を請求されることも、覚悟してください。最近になって外国人を派遣してくれるデリヘルが人気となっており、韓国人やフィリピン人の女の子が相手をしてくれます。
しかし気をつけなければいけないのが、このような外国人デリヘルの場合、違法で営業をしているケースが多いということです。
男の楽園とも言われるデリヘルですが、そのジャンルは多くあり、様々な性癖を満たすことが出来ます。
まずは自分の性癖を解消してくれそうなデリヘルを当サイトで選んでみてください。
デリヘルを呼んだ時に相手に知られないように隠しカメラを仕込んで、女性と自分のプレイを盗撮している人がよくいます。
このような行為をやりたくなる気持ちは、わからないこともありませんが、絶対に止めましょう。

 

盗撮をした映像を自分だけで後々楽しむのでしたらまだいいのですが、それをネットに公開してしまったりする人がいるのです。
それを公開されてしまった女性がどうなるかを考えてあげましょう。

 



<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけませんブログ:20180711

一週間位前の夜、
パパはひどく酔っ払って帰宅しました。

この日、パパの機嫌は良くなく、
また普段は超無口ですが、
酔うと同じことを何度も繰り返す…
うっとおしい状態になっていました。

そして、
「腹減った。メシ」
と、お腹なんて減ってもないくせに、
お母さんに言いました。

するとお母さんは…
何を血迷ったか、冷めたカレーライスをパパの前に出しました。

「こんな冷めたカレーライス食えるか!」
と、少々怒りを感じたパパ。

それを受けて、お母さんはカレーライスの皿を引き取って、
電子レンジに入れました。

…が、ここからが、問題行為なのです。

電子レンジに入れたかと思うと、
お母さんは、温めを押して20秒もしないうちに取り出して、
温まってないカレーライスを父親に出しました。

この行為に、
普段はとても大人しい(というか、何を考えているか分からない、無愛想な)
パパがキレてしまい…

「こんなもん食えるか〜」
と言うと同時に、茶碗や皿を投げつけました。

すると、怒りを逆なでするかのように
「わし、美味しく食べれるもん」
と、意味不明の弁解をするお母さん。

パパの怒りはお母さんに向かい、平手打ち!!

それを目の当たりにした弟は逆切れし、
パパに向かって
「お前、男が女に手を上げるって、どういうことか分かってるんかぁ!!」
と、弟がパパを殴ろうとした瞬間…

「娘が両親を殴るのはもっと最低な事や!!」
という、(弟が言うには)正義の心の声が聞こえ…

弟は自分の頬を
バッチンバッチンと自分で殴り始めたのです。

そんな弟の行動に
空いたくちが塞がらないパパとお母さんは、
すっかりケンカをしていることすら忘れたようでした。