<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません

<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません



<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけませんブログ:20150928


ミーの結婚生活も、
まもなく一年が経とうとしています。

いやぁ~思い出しますね。
妻の親に挨拶行ったときのことを…

ミーのイメージでは…

あちらのお母さんが和室に通してくれて、
少しすると、小ぎれいにした親父が
登場するって感じだったんですよね。

お茶を出されて、
その親父とぎこちない話が数分行われた後に、
沈黙になってしまって、
耐え切れなくなって切り出す…

「女の子さんを、ぼくに下さい!!」

…またもや沈黙の後。
コクリとうなづく親父…

みたいなことを考えていました。

そして、
ミーにとっての「その時」は、
昨年の正月でした。

ミーが妻の実家に訪れると、
親戚がたくさん来られていました。
正月の賑わっているときですもんね。

今までバタバタと走り回っていた、
甥っ子や姪っ子たちも、
「そっちの部屋にいっちゃダメよ!」って感じで、
別の部屋に連れていかれ…

妻の親父とミーの二人にされてしまいました。

そこでは、本当に他愛もない話しかできないし、
上の空だから、今でも何を話したか覚えていません。

案の定、二人とも話すこともなくなって、
沈黙に…

そして、ついに「その時」が来ました。
座っていた座布団から、飛び降り…

「お義父さん、女の子さんと一緒にさせて下さい!一生大事にします!!」
と言って、頭を下げました。

妻の親父さんは、
コクリとうなづくわけではなかったですが、
「なにもできない女の子だけど、こちらこそよろしく頼むわな。」
と、優しく微笑んでくれました。

このとき、
なんとも言えない安堵を感じたことは、
今でも鮮明に覚えています。

<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません

<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません

★メニュー

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方
<デリヘル情報局>デリヘル情報サイトを100%信じない
<デリヘル情報局>女の子が到着する前に爪のケア
<デリヘル情報局>部屋全体を清潔にして出迎える
<デリヘル情報局>女の子の気分を盛り上げてあげる
<デリヘル情報局>インターネットを活用してデリヘル選び
<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者
<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ
<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません
<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今人気急上昇のデリヘル情報局