<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方



<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方ブログ:20161111


お子様の頃には
よく「将来何になりたい?」と聞かれますよね。

でも、僕はその時何と答えていたか
全然覚えていません。

それだけじゃなく、
お子様の頃、自分が何を望んでいたかという
はっきりした記憶がほとんどなく…

ただよく泣くお子様で、恥ずかしがりやのお子様で、
でも、父や母にはいつも反抗していたなぁ~
という記憶だけがあります。

僕には「…になりたい!」というのはなくても、
「…は嫌だ!」というのは沢山あったんですよね。
一番よく覚えているのが
「学校の先生だけにはなりたくない!」でした。

振り返ってみれば…
僕が節目節目で何かを決める時は、
いつも「…は嫌だから…しよう」が
動機づけだったような気がします。

学校の進路を決める時も、
社会人になってから何かを決断する時も…

だから、僕は
頑張ってやっても思うような結果にならなかったり、
スムーズに事が運ぶことがなかったんだろうと思います。

例えば、
何故か人が苦手なのに、
人と関わる仕事ばかりすることになったり…

当時の僕は、
「どうして望むものは手に入らないんだろう?」と思っていたけれど、
根っこがそういう部分からきているので、
本当に自分が望むもの、自分が好きなものを、
僕はよくわかっていなかっただけなんだなぁ…と今は思います。

本当に自分が好きで心から楽しめることなら、
上手く流れていくんですよね。

でも、つっぱったり何かに抵抗しながら頑張っていると、
流れが滞ってしまう…

まるで神様が自分を見失っている僕に、
「それは違うよー」
と一生懸命訴えかけてくれるかのように…

そういうからくりがわかってきただけでも、
僕は少し大人になったかな?と思いたいところです。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方

★メニュー

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方
<デリヘル情報局>デリヘル情報サイトを100%信じない
<デリヘル情報局>女の子が到着する前に爪のケア
<デリヘル情報局>部屋全体を清潔にして出迎える
<デリヘル情報局>女の子の気分を盛り上げてあげる
<デリヘル情報局>インターネットを活用してデリヘル選び
<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者
<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ
<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません
<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今人気急上昇のデリヘル情報局