<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ

<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ



<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジブログ:20160806


あたしたち夫婦は、
若い時から親しい仲間を何人も亡くしています。
しかも、突然であるケースが多かった…

ある日のこと。
あたしたち夫婦は、
「黄泉がえり」という映画を家で観ました。

この映画は…
あるエリアで、その場所で亡くなった方が、
短い一定の期間だけ生き返って戻ってくる…というお話です。

戻ってきた人たちは、歓迎されたり、戸惑われたりしながらも、
亡くなる前に言い残したこと、やり残したことを伝え、行うために、
限られた時間を残された家族たちと過ごします。

そして、またこの世を去っていくのです。
残された家族や仲間たちは、その最後のメッセージを胸に、
新しく人生を生きていこうとします。

当時のあたしは、
この映画を納得して見終えることができませんでした。

それは、もし、亡くなった仲間に同じことが起こったら、
また去っていく時に、あまりにも悲しすぎるじゃないか…と
思ったからです。

なぜだか、
ものすごく悲しくなって、この思いを妻に伝えたのです。

今思えば、
去っていった仲間自身がやり残したことを思ったのではなく、
あたし自身が彼らに伝え、
やってあげられなかったことへの後悔がそうさせていたのでしょう。

そんなあたしに、
妻はこう言ったのです。

「死んだ人はね、けっして生き返ったりしないんだよ」

その言葉に、はっとしました。
妻だけではなく、妻にとっても、
同じように大切な仲間達です。

こんな話をされたら、
妻だって仲間を思い出して悲しくなります。
あたしはそれを忘れて、自らの中ばかりを見て浸り込んでいたのです。

けれど、そんなあたしに妻は、自分の悲しみをおさえて、
自分の中に浸り込むのと、
自分自身をきちんとみつめて、直面していることを受け入れること
とは違うことを伝えてくれたのでした。

<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ

<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ

★メニュー

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方
<デリヘル情報局>デリヘル情報サイトを100%信じない
<デリヘル情報局>女の子が到着する前に爪のケア
<デリヘル情報局>部屋全体を清潔にして出迎える
<デリヘル情報局>女の子の気分を盛り上げてあげる
<デリヘル情報局>インターネットを活用してデリヘル選び
<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者
<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ
<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません
<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今人気急上昇のデリヘル情報局