<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに

<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに



<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずにブログ:20160604


わたしのムスメは、
今バスケットボールのチームに入っています。

そのチームは、
他の町のチームとの試合で惨敗が続いていました。

その日も負け試合で、
突然、ムスメは「やめたい」と言い出しました。

わたしはその日の試合を見ていなかったので、
見にいった夫に経緯を聞いてみると、
ムスメの出番はなく、試合の後、
泣き出してしまったということでした。

コーチの考えが分からないわけではありません。
でも、それが現実なのです。

しかし
ムスメの気持ちを思うと、
両親としてなんと言って励ましていいのか…

「ママと一緒に練習しよう…」と
ムスメに話しかける他ありませんでした。

その時のわたしはまだ、
どうしてムスメが泣いたのか、本当の理由を解っていませんでした。
努力をすれば何とかなると思っていたのです。

しばらくして、
その日の試合は勝ち、
ムスメもそれなりのプレーをしました。

それなのに、
ムスメはまた「やめたい…」と言い出したのです。

わたしは、ムスメが今まで語っていたことの中に
何かもっと大切なことを見落としていることに気付きました。

ムスメの心はさびしく、孤独だったのです。

「コーチに認めてもらえない」「チームに必要とされていない」
という思い込みがすっかりムスメの自信を奪い、心と体が頑なになり、
動けなくなっていたんです。

わたしはムスメの練習に付き合いながら
「自分のドリブルをもっと信じて」
「自分のパスをもっと信じて」
「自分のシュートをもっともっと信じて」
「自分のプレーにもっと自信を持って良いのよ!」
とムスメの心のネジを巻きました。
<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに

<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに

★メニュー

<デリヘル情報局>悪質なデリヘル業者の見分け方
<デリヘル情報局>デリヘル情報サイトを100%信じない
<デリヘル情報局>女の子が到着する前に爪のケア
<デリヘル情報局>部屋全体を清潔にして出迎える
<デリヘル情報局>女の子の気分を盛り上げてあげる
<デリヘル情報局>インターネットを活用してデリヘル選び
<デリヘル情報局>本番行為で悪徳請求してくる業者
<デリヘル情報局>自分好みでは無い時にはチェンジ
<デリヘル情報局>絶対に盗撮をしてはいけません
<デリヘル情報局>女の子への挨拶を忘れずに


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今人気急上昇のデリヘル情報局